追憶

人生

【等身大の世界】子供の目に映る世界とは【子供世界の特殊性】

子供目線で見た世界は大人目線で見た世界とは全く異なっていることを大人はあまりよく分かっていません。子供の見上げる目線と大人の見下ろすあるいは水平な目線とは全く物の大きさが異なってくることが重要なポイントです。子供の目に映る世界は等身大です。
職人気質

【今も頭の固さを貫く】一本気な寿司屋さん【その価値観とは?】

R寿司の大将はいかにも職人といった風貌で、魚の調理、寿司の握りの腕は素晴らしかった。 知人が日本酒を頼み、握った寿司を客に出すつけ台にお銚子を置いた瞬間だった。 大将の琴線にふれてしまった! そこはそんなものをのせる所ではないと激怒、直ぐにでも帰ってもらいたい調子であった。
追憶

【追憶】髪型がどのように変わったか【髪型】

まだ幼い頃、しゃかじぃは当時石川県の田舎では「まえだか」と呼ばれていた「おかっぱ頭」のような髪型をしていた。 周りの子供は皆坊主刈りだった時代である。 散髪屋に行かないで、家でバリカンで丸刈りにされている子供が多かった。 第二次世界大戦終戦からまだ間もない頃で、当時の子供は寒いと青っ洟をたらして、手でぬぐっているような時代だった。
タイトルとURLをコピーしました