2020-01

しゃかじぃの説法

【しゃかじぃの説法】世の常識に物申す!【先生とは?】

『現在の日本でまかり通っている常識・習慣』 この「しゃかじいの庵」では世の中で物事がどのように考えられ、評価され、一般化しているのかを中心に風刺をふくめて自分の意見を述べていきたいと思います。 今回のテーマは「世にいう先生とはなにか?」 一般に先生とは? 先生を文字のまま解釈すると「少なくとも自分より先に生まれた人」
人生

【高齢化社会に生きる】そんなしゃかじぃの独り言【年齢の壁】

サラリーマン仕事を卒業。 退職金をもらってもそれまでの支払いなどで、経済的にゆとりがある人は少ないのではないだろうか。 年金だけでは苦しいから70歳、80歳でも働こうとする人は多い。 働き口も少ない。 70歳、80歳でも仕事しなければ生活が成り立たない世の中って尋常でないと思う。 しかも健康で能力があっても年齢の壁が!
うどんの歴史

【しゃかじぃの説法】うどんの歴史 皆んなご存知かな?

手軽な食べ物で、米食の代わりになる「うどん」は昔から日本全国で食べられて来たがいつ頃から食べられているのか皆さんご存知かな❣ うどんの発祥は色んな説があって定かではないようじゃが、古い時代から見ることにしよう。 奈良時代に遣唐使によって中国から渡来した小麦粉の餡入り団子菓子「混飩(こんとん)に起源があるとする説等
タイトルとURLをコピーしました